安く住むための手段【シェアハウス有効活用】

低コストで交流も増える!シェアハウスの魅力に迫る

安く住むための手段【シェアハウス有効活用】

積み木

シェアハウスとは

シェアハウスとは、一人で住むのではなく、複数で一つの家に住まうというシステムです。つまり、一軒家をそれぞれシェアするという意味なのですね。特徴としては家賃が従来のアパートやマンションよりも安く、敷金・礼金も安めなのが特徴です。また、家具一式などが共有されているので用意する必要もなく、ウィークリーマンションなどに近い使い方をすることができます。

ウーマン

シェアハウスの魅力

シェアハウスの魅力はコストのやすさだけではありません。何といっても交流が生まれやすいのが特徴です。一つの家をシェアしているのでいろいろな人に出会えます。もちろん寝る場所は個室が用意されているので一人の時間を作ることもできます。完全に一人の空間に固執しないというのであれば、シェアハウスの個室でも満足できるかもしれません。しかし、シェアハウスによっては壁が薄く、声が聞こえるかもしれないので注意しましょう。

男の人

シェアハウスに住む場合

シェアハウスに住む上で注意しなければならないのは、マナーです。一つの家を共同で使うわけなので、マナーが悪ければ他の人にも迷惑がかかります。例えば共有部のキッチンを汚してそのままにしているなどの場合、人に迷惑をかけるだけではなく厳重注意を受けることもあります。基本的にマナーさえ守っていれば問題はありませんが、他人が使うことも考えた生活をしましょう。

シェアハウスを使うメリット

マンション

コストが安い

上でも紹介しましたが、シェアハウスはとにかく費用を安くおさえることができます。電化製品の共有を始め、光熱費やガス代、電気代などの費用も家賃に含まれています。そのため、電気を多く使う夏場などの場合シェアハウスは圧倒的に恩恵を受けやすく、費用の節約につなげることができます。

色んな人に会える

シェアハウスの魅力が、色んな人との出会いがあるということです。シェアハウスによっては30人以上の人が住んでいたり、国籍が違う人が住んでいたりすることもあります。そのため、いろいろな人との交流が生まれやすいです。よって、節約ではなく出会いを求めるというのであれば、シェアハウスのほうが出会いは求めやすいです。

バリエーションが豊か

シェアハウスの中にはミュージシャンを目指す人のみが集まったり、ペットを飼育している人限定だったりといった面白いものもあります。そのため、一人暮らしではできなかった楽器演奏やペットとの生活もシェアハウスならできる可能性があります。東京や大阪などの都市部では、そういったシェアハウスが見つかりやすいです。